地域密着の工務店のよさと、デザイン性や経営効率を高めたハウスメーカーのよさを融合

株式会社アッシュホーム

愛知県 春日井市
0(0)
1

どんな想いで仕事をしているのか

 昔ながらの地域に密着した工務店の良さと、デザインや経営効率を高めたハウスメーカーの良さを融合させ、品質・価格・サービスの全てにおいて絶えず満足することなく前進し続けるとともに、社員全員が「我が家を造っている」という当事者意識を忘れることなくお客様の住まいづくりのお手伝いをさせていただくことをお約束させていただきます。

【ミッション】
お客様、協力業者様、従業員、関わる全ての方々から喜びの笑顔、涙が溢れる住まいづくりを追求します。

【4つのビジョン】
1.高品質、適正価格の住まいを提供し続け、地域のまちづくりに貢献できる会社となる。
2.お客様から愛され、ファンになっていただける会社となる。
3.仕事を通じて従業員が人として成長を感じられる会社となる。
4.企業価値の向上に努め、長期安定的な成長により永代続く会社となる。

一番得意なテイストは

どんな人と家をつくるのか

信頼できる理由は

 アキュラホーム独自の住宅建設合理化システム「アキュラシステム」を導入した全国の地域工務店・ビルダーを結ぶネットワーク組織「ジャーブネット」に参加しています。住宅供給団体としては日本最大となる約338社以上が参加し、それぞれ独立自営のビルダーが主体性を持ちながら、先進の技術や最新の住宅関連情報を共有。地域に根差したホームビルダーならではの活動に、全国規模のスケールメリットを取り入れることで、家づくりにおける効率化とコストダウンを達成しています。
 

完成保証の内容について

アフターケアは

【アフターフォロー】
建物の完成、お引き渡し後も安心して暮らしていただけるよう、3ヶ月後、1年後、2年後、5年後、10年後の無料点検をはじめ、補修が必要な場合や万一のトラブル時にも迅速に対応。ホームドクターとしての保守・点検はもとより、将来的な家族構成の変化に伴うリフォームや増築など、地域に密着したきめ細やかなサービスを実施しています。

【保証サービス】
⇒住宅保証機構のまもり住まい保険
住宅保証機構のまもり住まい保険は、新築住宅のお引き渡し後、雨漏りや住宅の傾きなどの
欠陥が発見された場合に補修費用をサポートします。
■新築住宅に万が一、瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用等を保険がサポートします。
■工事中に専門の検査員が、現場検査をするので安心!

※詳しくは国土交通大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人住宅保証機構のホームページをご覧ください。

平均価格帯は

リフォーム平均価格帯万/坪単価万

注文住宅平均価格帯1700万/坪単価40万

会社概要

代表者 小澤裕昭
設立年月 2013年5月
社員数 71名
所在地 愛知県春日井市勝川町3丁目4番地(春日井・VR展示場)
許可/免許 ▼一級建築事務所 登録番号 (い-30)第12719号 ▼建設業許可 愛知県知事許可(般-30)第61599号▼宅地建物取引業免許 愛知県知事(1)第23088号
ホームページ https://www.ash-home.com
設計/施工可能地域 多治見市 / 中津川市 / 瑞浪市 / 羽島市 / 土岐市 / 各務原市 / 瑞穂市 / 名古屋市 / 一宮市 / 瀬戸市 / 春日井市 / 刈谷市 / 犬山市 / 小牧市 / 稲沢市 / 尾張旭市 / 愛西市 / 北名古屋市 / あま市 / 長久手市 / 東郷町 / 扶桑町

どんな会社なのか

-新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について-
アッシュホームでは、住宅展示場・各種イベント会場等での感染予防対策を徹底の上、ご来場が重なった際にはご見学時間を調整させていただき営業しております。お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮したものでございますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
また、テレワーク化に伴いまして、直接お電話が繋がりにくい状態がございます。
しばらくの間、ご不便をおかけしますがご了承くださいますようお願い申し上げます。

2020年5月に一宮展示場、新宿VR展示場、東郷展示場と新たに3拠点オープンいたしました!着実にエリアを広げています。

「お客様、協力業者様、従業員、関わる全ての方々から、喜びの笑顔・涙が溢れる住まいづくりを追求する」
をモットーに、すべては「家づくりを安心して楽しんで頂き、入居後も末永くお付き合いしたい」という想いを実現する企業です。

また、アッシュホームは平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において、創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者(B登録・北海道を除く都道府県)申請を行いZEH(Nealy ZEHを含む)普及目標を掲げました。
2016年度 目標 0%(実績0%)
2017年度 目標20%(実績0%)
2018年度 目標30%(実績0%)
2019年度 目標40%(実績-)
2020年度 目標50%(実績ー)

アクセス

応援しよう

408