失敗しないための予算の考え方を一緒に学びましょう。

予算の考え方で大切なこと

家は買って終わりではありません。住宅購入後はローン返済だけでなく様々なお金が必要になります。固定資産税・管理費・修繕積立金・火災保険料・地震保険など様々です。趣味にかけるお金、子供の教育費、家族旅行など住宅以外にも生活するにはお金が必要です。生活を豊かにするための「住宅」で生活を苦しめていては本末転倒です。将来設計から使えるお金を計算して、ゆとりを持った返済計画を考えましょう。

予算の目安を知ろう

まずは現在の生活状況を整理して、毎月の返済にあてられる金額をしっかり把握しましょう。その上で返済比率を設定して住むためにかけられる予算の目安を計算しましょう。

返済比率とは?

収入に対する年間返済額の割合のこと。返済比率が基準を超えると返済負担が重くなり、返済が滞るリスクが高まります。

返済比率(%)=年間返済額÷年収×100

※年収は各種控除前の額面金額のこと。

ゆとりを持った返済計画を立てるなら予算の目安は返済比率20%以内がおすすめです。

ローン審査の目安

ローンで借りられる金額は返済比率30%~35%が上限となる場合が多いです。住宅ローンは申込者の返済能力と信用力、返済プランによって融資を受けられるかどうか審査されます。また、職種や勤務歴など審査時に有利になりやすいと言われているものがあります。反対に、ローン審査に落ちやすくなる例も紹介します。

審査時に有利になりやすいと
言われている項目例

  • 公務員、または正社員
  • 完済時の年齢が80歳未満
  • ローンの返済負担率が35%未満
  • 勤続年数が3年以上
  • クレジットカードの返済に遅れたことがない
  • 自己破産の経験がない
  • 住宅ローン以外の借り入れがない
  • 過去に大きな病気をしたことがない

ローン審査に落ちやすいと言われている項目例

  • 固定電話を持っていない
  • 過去に返済遅延をしたことがある
  • 誰かの連帯保証人になっている
  • 定職に就いていない
  • 勤続年数が短い
  • 健康状態が良くない
  • 定められた最低年収を満たしていない
  • 消費者金融に借入れがある
  • 返済比率を上限値で設定している
  • 源泉徴収票に「歩合給」の記載がある
  • 勤務先が親の会社
  • 奥さん名義での申し込み
また年収と返済率によって住宅ローンで借りられる金額が異なります。
以下の表は、返済率20%と35%の年収別「借りられる金額」と「月返済額」の目安です。
住宅ローン目安表
年収 借りられる金額 月返済額
返済比率
20%
返済比率
35%
返済比率
20%
返済比率
35%
300万円 1,555万円 2,721万円 5.0万円 8.8万円
400万円 2,074万円 3,629万円 6.7万円 11.7万円
500万円 2,592万円 4,536万円 8.3万円 14.5万円
600万円 3,110万円 5,443万円 10万円 17.5万円
700万円 3,629万円 6,350万円 11.7万円 20.4万円
800万円 4,147万円 4,258万円 13.3万円 23.3万円
900万円 4,665万円 8,165万円 15万円 26.3万円
1000万円 5,134万円 9,072万円 16.7万円 29.2万円
金利:1.81%
借入期間:35年

ローン審査Q&A

  • 事前審査って何ですか?
  • 事前審査は申込者そのものをチェックする審査です。審査される項目は大きくわけて「返済比率」「属性」「既存借り入れの状況」の3つです。「返済比率」は年間所得に占めるローン返済額の割合のことで、返済比率の割合が高すぎないかを審査されます。「属性」は申込者の「年齢」「年収」「勤務先」「勤続年数」「家族構成」などを指し、属性が良いと審査に通りやすくなります。「既存借入れの状況」は自動車ローンやカードローンなど、借入れの状況が審査されます。
  • 本審査は事前審査と何が違いますか?
  • 本審査は事前審査に合格した人が受けられる審査で、購入する不動産が審査の対象となります。購入する不動産の価値が融資額に相応しいかを審査します。審査期間は1~2ヶ月程度かかります。
  • 事前審査に受かっても、本審査で落ちることはありますか?
  • 事前審査は銀行が行う審査で、本審査は保証会社が行う審査です。それぞれチェックする内容も異なります。ですから、事前審査に受かったとしても本審査に必ず受かるわけではないです。
  • 夫婦の年収を合算して審査に申し込むことはできますか?
  • 夫婦の年収を合算して申し込みたい場合は、ペアローンを組むという方法があります。ペアローンは夫と妻の収入を合算した世帯年収で審査するため、借入金額を大きくできます。
  • 自営業は審査で不利になりますか?
  • 自営業やフリーランスの方は、収入が安定していないと見なされて、審査が厳しくなる傾向があります。あくまでも厳しくなるだけで、自営業だから住宅ローンが組めないということではありません。

ローン返済Q&A

  • 繰上返済とはどのような返済方法ですか?
  • 繰上返済とは毎月の約定返済とは別に、借入残高の全部または一部を繰り上げて返済する方法です。繰上返済は元金部分に充てられるため、その分にかかる将来の利息支払額を減らすことができます。繰上返済には、全額繰上返済(一括返済)と、一部繰上返済(一部のみ返済)の2つの方法があります。
  • 余裕資金がある場合、住宅ローンは一括返済した方がお得でしょうか?
  • 一括返済(繰上返済)した方が総返済額ではお得になります。しかし無理をして一括返済した後に、病気になってしまい生活が苦しくなる可能性もゼロではないです。加入する保険によってはガンなどの大きな病気で住宅ローンが免責になる場合もありますから、必ずしも一括返済がお得とは言い切れません。